県下最大級のお墓展示場「平田石材工業」 長崎県雲仙市国見町神代戊2595-1

創業昭和5年

弊社は、昭和初期に創業者 平田藤雄が農業のかたわら石との関り合いを始めて、約80年を迎えようとしております。
戦後まもなく創業者亡き後、故平田政則会長が石材業を生涯の生業として、本格的にとりくみを始めました。
当時は機械もなく、すべて人力による作業であり、今では想像も出来ないほど大変なものであったと思われます。

その後、高度成長期の波にのり、機械を導入し、成功や失敗・紆余曲折を経て、昭和57年石材業の販路拡大のため葬儀業を開業し、平成5年会社設立。
平成9年には、自宅の工場から現在の工場へと移設をいたしました。
平成12年2月9日、先代に替わり平田政文が代表取締役社長に就任。

そして平成17年、石材業も大変厳しい状況が続く中、だからこそ転換期だと考え、お客様の多様なニーズに応えられるように、そしてお客様がお気軽に見学できるよう、このテーマパーク風の展示場を開設いたしました。

fo02