県下最大級のお墓展示場「平田石材工業」 長崎県雲仙市国見町神代戊2595-1

なぜお墓が必要なのでしょう?

お墓が必要な理由は主に3つあります。

  • 日本人の心の原点。故人を偲び、感謝し先祖を敬うため
  • 家族のきずなを確認しあう場所
  • 亡くなった人の不安定な「荒魂」を鎮めるため

人が亡くなるとお墓を建て、そこに遺骨を収めます。

最近では、亡き人の遺言などで遺骨を海や川、山などに撒く「散骨(さんこつ)」という新しい葬送も増えています。散骨は故人の遺言であれば、その願いを叶えてあげることも大切ですが、遺骨には魂が宿っているわけですから、お墓に埋葬してご供養し、一部を散骨してあげることが望ましいでしょう。

私たちが今、豊かな明るい家庭を営んでいられるのも、ご先祖様がいて、そのおかげで自分が存在している…だからこそ、ご先祖様に感謝するという気持ちを持ち続けなければいけないのです。

お墓とは、ご先祖様に感謝の気持ちを伝え、また自分の近況を報告するなど、ご先祖様と語り合う場所なのです。また、ご供養することの大切さを子孫代々伝えていく場所でもあるのです。